病院に行けてえらーい (通訳なし)

当地には日本語の通じる病院がなくて自力救済しかないわけで でも週末はこんな感じだけどね。ツイ廃が高じてなかなか外に出られない

24時間連勤 (要は完徹)

24時間連勤 (要は完徹) を達成して帰ったときのぼくのかお (;゚Д゚) 朝5時まで延々と日本からの電話を受けながら資料を作っていて、これで本日勤務ができるわけないと退散。当然、帰ってからも色々と電話はあり (以下略) 本当は肩や首とかも痛かったんだけど…

週末の日課

最近はヤードに行くのもパターン化してきており、それは成果を考えずにその延長線上でどこか適当に市内を回るようになったが、結局はスタバのある場所まで行くというオチになる。そう考えると狭い街なのだが、一長一短あるわけで。車を使わないでも買い物な…

CDMXのBRTと双層汽車

独立記念塔のある場所に本業で行っていたわけで、本日は朝少し時間が空いたので当地のBRTを見たり双層汽車を見たりと (さすがに地鉄は時間がない) なにしろ単独行動ではないので如何ともし難い。今回はこんな感じ

黄色い太陽 (目をやられた)

実は週末はそれどころではなく、先週日曜日に発症した結膜炎のため金曜日は目も開かないほどに転げまわりそうな気分で会社に出社し点眼薬を指してある程度治ったかと油断したのが運の尽き。土曜日も回復したと思ったら日中になって照り返しに目をやられて夜…

墨西哥機車沼 (2)

この木何の木気になる木 (てきとう) 専用線には列車は来ず 午前中は特に成果もなく、環状線に乗って土曜日朝しか開いてない屋台でタコス3枚を食べてからいつもの場所に行ったら、なぜか入換機がやってきた。それも南行の貨物を少し南に出してこんな至近距離…

墨西哥貨車沼への道 (2)

タンク車はいいぞw と言っていいのかどうなのか。形式写真向きな場所があるのだが、止まっているかどうかは運次第だし (最近はちょっと見ない) 走行中に撮れなくはないけどもこれもまた運次第。異常に編成が長いから少しくらい外れてもいいとはいえなくもな…

市街地を回る

Centro にあった古い小さな教会 なぜか郊外に行くと空手道場が見られる (謎だ) 「BONSAI」一個50ペソ (約300円) そんなに高くはないけれどこれを盆栽と言っていいのかどうなのかw というものが置かれている。 この日は非鉄な一日で、市中心部 (Centro) に出…

墨西哥貨車沼への道 (1)

世界最大の貨物鉄道輸送大国である米国に接しているのだから、当然ながら貨車の種類は膨大である。当地の産業が自動車産業に傾斜しているという事実からもわかるように、車運車を見ることが多く、また自動車のフレームをそのまま輸送するというのはこの地な…

市内を回るのはどうするか (バスしかない)

https://moovitapp.com/ こういうのを教えてもらってアプリを入れたのだが、かなり重宝している。家の近くを通るバスがどこに行くのかがわかると、それこそどうやって帰ればいいかもわかってくるので。片道9.5だから何度か乗り継げれば帰れる (そもそもそん…

沼しか見えない墨西哥機車沼

http://www.rrpicturearchives.net/modelListRR.aspx?id=KCSM こういうのをまとめているサイトがあったのか…。沼しか見えない

再下放-赴任編 (3)

韓国でも淘汰されたような中型機を先頭とした小運転列車がいきなりやってくるとは思わなかった。それにしても次位の中型機をこんなに撮ってる自分もたいがいなのだけども。通常は入れ替え運用が主体で、最後の写真も専用線までの小運転のはず。

再下放-赴任編 (2)

なぜこんなものが公園の中に? 出発したらすぐ止まってしまっていつになったら開くかわからない 列車が来たのはいいものの、その先では日中保線作業中なので、いつになったら先に行けるかわからない

再下放-赴任編 (1)

12時間+2時間、時差を越えて「空飛ぶ硬座」の旅。帰りは窓際だったので時間があるときは外の景色を眺めるようにしていた。 IAH離陸後の風景。まさか引込線が縦横無尽に広がっているとは。 土曜日は体を休めるべく外出を避け、日曜日は午前中にヤード近辺で撮…

一時帰国中 (2)

別に遊びに行っているわけではなく、平日は色々な手続きの関係上動き回らなければならず、たまたま途中で見かけたもの。月曜日は雨が降り、火曜日午後からは天気が回復というか暑い。明日のフライトに向けて荷物整理真っ只中。首から肩にかけての調子がいつ…

一時帰国中 (1)

夜間飛行の末に一日の時差を飛び越えて帰国。ひとまず無事にビザ取得したはいいが、会社〜大使館〜会社〜飲み会とか無茶な仕業を入れてしまい体力の限界がw なお週末は査収案件が色々。日用品を別送品に入れられなかったから、シャンプー日焼け止めからはじ…

再下放-出張編 (3)

ようやく7時前に夜が明ける この週末は先週に回った場所から色々と行動範囲を広げて動いてみた。車のシャーシを山積みにした貨車はいるわ、鉄道博物館に行ったら銃弾痕を残した客車はいるわ、果ては線路の上が「小盗児市場」と化した場所にはタンク車が転が…

再下放-出張編 (2)

今日は早起きして少し歩きこんなのを見てきた それだけじゃなくて市中心部も回ってみた

再下放-出張編 (1)

腰痛が悪化する中、旅費精算のために出社しその足で空港に向かい15時間空の旅。途中UA専用乗継空港で休憩、ただし外に出る余裕もなく禁煙状態は続く 日没は遅く、日の出は遅いことを実感。眠気は時差ボケなのか普段の寝不足によるものか判断がつかない。

再下放準備中 (4)

部屋から引越荷物を出したあと、何もない部屋に寝るわけにもいかないので、ビジネスホテルで一泊し、本日午前中に挨拶回りをしてから東へ移動。行って戻っての繰り返しで明日はさらに市役所、会社に出頭後ついに太平洋を越えるのだ 「九州はひとつ」くまモン…

再下放準備中 (3)

幕車は正義w などと言っている余裕もなく、またこっちに戻って撤収作業の準備にかかる。本日は車の処分、明日はリサイクルショップで引き取れるものだけ先にもっていってもらうので、ついにベッドですらなく床の上に寝ることになる

再下放準備中 (2)

今のうちに健康診断を受けねばならず、午前中は胃カメラを飲んでゲーゲーやっていたわけだが、午後はなんとなく足を伸ばしてみた。武蔵砂川は本数が少ない上に上下かぶられるという最悪な場所で、さらに日中は曇りがちな天候。それでもなんとか連写機能を使…

再下放準備中 (1)

帰投後に再下放準備のために東上し、今週は色々動き回っていた そういえば今週末は「五月祭」(本郷のほう) だったのだな。コミアカ、定例会に、新橋方面とか一日でどれだけのアポイントを入れたというのか。ましてや飲みの方に関して言えば三連投目だし。 そ…

駆け足訪中

「空飛ぶ硬座」春秋航空で浦東入りしてから上海市内に入り、書籍調達してから虹橋駅に向かうが高鉄の切符が取れず、やむなく上海南駅から硬座無座でたどり着く 二代身分証+ネット予約さえ使えれば切符手配は楽になったが、それすらないとさらにきつくなった…

行けるうちに行く (7) GW投了

バスに乗り峠を越えて、空路を行き こんなところに所用にて行ってきたわけだが、最終日は取って返して、帰宅後車の見積だとか買い物だとかをしてきて、さて明日の準備はどうしようかというところなのに よりによって「GPSスタンプラリー」を悪用して車で…

行けるうちに行く (6)

岩国から先は115-3000が主力。岩国~柳井港間は海沿いを走り、大島大橋が見えれば大畠。柳井~光間は山間部を抜けて海が見えると下松。 途中は新幹線を使い、小倉乗継で門司港へ。門司港レトロは人が多い。トロッコ列車も行きは40分待ちになりそうだったので…

行けるうちに行く (5)

起重機船を見るために往復40分も歩いたり 「市電博物館」と言われた時代も遠くなり、もはや1900が数両日中に動いていれば御の字という状況、ただし朝晩しか動かないと言われていた3000も動いていたが。系統数は多いが各系統ごとの本数は決して多くないので、…

行けるうちに行く (4)

午前中は快晴。大草~東園間。キハ66/67国鉄色 長崎に行って見るもの?やっぱり「長崎喧嘩騒動史跡」でしょ! (「葉隠」参照。隆慶一郎「死ぬことと見つけたり」でも取り上げている) というのはさておき、長崎は一人で回りたいように回れた覚えがなく、その…

行けるうちに行く (3)

キハ31はいないけども、三角線には乗ってきた さすがに天草経由で島原半島行とか無茶なルートは取らずに大牟田まで戻り、三川町から三川砿や三井クラブなど見てからゆっくりと歩いて三池港に着き、島原行高速船に乗車 島原鉄道と言えば南島原~島鉄本社前の…

行けるうちに行く (2)

指宿枕崎線に乗ったのは何年前だろうか忘れ果ててしまったほどで、その時は枕崎駅の折返し時間が短くて駅舎すら見られなかったわけだが、今度は沿線の風景などを見る余裕もある。もっとも、集落は海側に集中しているので、集落から離れた小駅の利用客がもと…