行けるうちに行く (2)

指宿枕崎線に乗ったのは何年前だろうか忘れ果ててしまったほどで、その時は枕崎駅の折返し時間が短くて駅舎すら見られなかったわけだが、今度は沿線の風景などを見る余裕もある。もっとも、集落は海側に集中しているので、集落から離れた小駅の利用客がもと…

行けるうちに行く (1)

行けるうちにいく九州奇行 九州一周編 (まさかにちりんシーガイア7号、宮崎空港→宮崎、きりしま13号が全く同じ車両だったとは) 9時間を共にするとは思わず 佐伯~延岡間の「宗太郎越え」では一気に速度を落とす。同様に、都城~霧島神宮間も台地の狭間を縫…

ゆふいんの森に乗ってきた

別府駅前は温泉まつり開催中であった。駅前温泉の熱い湯につかった後で、餅撒きでいくつか掴んで(拾って)駅に戻る 10年近く前に日田~博多は乗っているのだが、デジカメのメモリカード破損によりろくな画像も残っていないし、またいつか乗りに行こうと思っ…

桜の花が満開

今週が山場であとは散るのみ。それでも好天が続くので今年はまだいいほうかな。雨が降ったら一気に散ってしまうので。

本日のぼくの気分

こんな具合な調子が今週は続きそうなので、さてどうなることか

こちらに来てから行った場所 (13)

昨日はずっとドン曇りの天気が続いていたのだが、午後に少し晴れ間が見えたので出かけてきた。現地に着いたら快晴というわけにはいかなかったのだけども。それにしてもこんなところによく鉄道を敷こうと思ったものだ。一種の公共事業といえば聞こえはいいが…

新元号が確定しました (令和)

なぜコバトンが「GD公団ゴシック」で新元号を持って発表しているというのはさておき「Order Peace」(さいたま市に平和を命令し、○和区を以下略) ってそういう意味じゃないから!「Peace & Hermony」(和諧) でもないしw

こちらに来てから行った場所 (12)

豊後森駅にいたのは9600だがなんとなく筑豊っぽい ななつぼしが通過したら皆いなくなってしまったのだが、こちらにとっての本命はゆふいんの森 (引治) 由布院〜南由布間の由布岳を背に走る有名撮影地だが、この時期は菜の花が満開なので多くの方がここで撮っ…

こちらに来てから行った場所 (11)

https://trafficnews.jp/post/84365 今日で完全にキハ31の運用はおしまいだというので。それにしても単行1往復だけというのは乗るのは無理があり、撮るのも運を天に任せるばかりで行って見れば案の定午前中はドン曇りというありさま。それでも久々に冷水峠手…

こちらに来てから行った場所 (10)

こんな天気のいい日に「家の外に出る気はない」はありえないので、マスクを装備しつつ外に出る。まず散髪して、それからはバスに乗ったり歩いたり、吊掛車に乗ったりという半日。これでだいぶ気分転換にはなって、帰宅後色々とやっていたら、溜まっていた事…

こちらに来てから行った場所 (9)

起行貨物駅跡 (ドラッグコスモス裏手)、後藤寺バスターミナル (現存)、筑豊本線運転再開 (支線)、最後は幕車天国 (特急/急行) 西鉄バス筑豊。来週3/23はキハ31の単行運転が行われるというが。冷水峠の例の場所は混みそうだから場所を考えた方がいいのか。乗…

こちらに来てから行った場所 (8)

一般公開日でしたので。 週末の天気はぱっとしませんでしたけども、ちょっと足を伸ばしてみましたよ。

こちらに来てから行った場所 (7)

8000亡き後、日中の特急運用は3000が主力かと思っていたら、実は5000・6000ばかり走り回っているとは思わなかった。筑紫野・小郡は少し外れるとこういう場所が多いので撮りやすい。まさかJRが福岡~大牟田間の競争を事実上やめたから、特急はロングシートで…

こちらに来てから行った場所 (6)

国鉄時代からの駅舎も駅名板もほとんど消え失せ、目につくところで残っているのはこんなところであろうか。天道駅は駅舎は建て替えられたがなぜか残っているようだし、飯塚駅はまったく国鉄時代と雰囲気は変わらない、ただし駅前の寂れ具合は尋常じゃないけ…

こちらに来てから行った場所 (5)

当地に何度か来ることはあったが、キハ31との巡り会わせはほとんどなくて、桂川~原田の区間運行時代はキハ125しか見てないし、後藤寺線も同様でキハ140のみ。廃車も進んでいるようなので、そうだ三角線に行こう!と車を飛ばしていってきたのが先週…

こちらに来てから行った場所 (4)

警固神社、イムズ天神なんか何年ぶりに行ったんだろうか。それくらいに昔のことなので忘れ果てていた。新天町で休んだ後、中洲川端~貝塚~和白経由で足を伸ばしてから帰投する

こちらに来てから行った場所 (3)

旧国鉄佐賀線の筑後川昇開橋は筑後若津駅の近くだったのだが、この地名を見てそうかここは若松車輌の源流である深川造船所の本拠地だったことに気付いて、行ってみた。昇開橋温泉が実は深川造船所の跡地だったことは帰宅後に知った。実は今村製作所の登記簿…

こちらに来てから行った場所 (2)

志免炭砿の竪坑櫓は一度見ておきたいと思っていたのだが、ここは公園になっていて行きやすかった。幸袋線の遺構はまだ三線区間となっている一部が残っているが、目尾駅跡はほとんど整地されてしまっていて藪の中。それでも転轍機は草叢の中から発見できた。

こちらに来てから行った場所 (1)

近場にしか行っていない。そもそも福岡/天神にすらまだ足を運んでいないのは、生活基盤の確立を優先させているからで、来た時は車すらなかったのだから、ベッドは用意したものの、まだ部屋の中は完全に整理できてはいない。 稲築才田にはこんなものが埋もれ…

あけましておめでとうございます

更新を一か月以上放置していたのは異動前の引き継ぎやら色々難航していたわけですが、引越荷物も搬出し、C95も無事に終わり、初詣も終わったらあとは本日西方に出立するだけ。あとは荷物を整理したり賀状書いたりとかまだまだあるんですけど、ひとまず年始の…

無題(今日はてきとうに)

所用のため有休。これが所用というわけではなくて、各種資料収集が目的で、午後半日かかってしまった(半日で済んだのかという話もあるが済ませた)。考えてみたら有休を取得したのは二ヶ月ぶりで「ゆっくりお休みになってください」と言ってくれるひとがい…

C95 (12/31西え27a) 配置決定

無事に配置が決定しましたので、今冬は新刊・増補を作りますわ。現在考えているのが表紙が公図という薄い本に、あとは2の追補ですかな。おそらく今冬以降はそんなに参戦できなくなるので (今夏もそもそも申し込みはしなかった) まずはあと一か月の間に推敲…

「命のビザ」とその模倣品

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018090290065919.html 模造「命のビザ」救いの証し リトアニア公文書館が保管 2018年9月2日 06時59分第二次世界大戦中、駐リトアニアの領事代理としてナチス・ドイツの迫害を受けた多くのユダヤ系難民に「命のビザ(査…

八百津駅の廃止前後

むかしそういえば八百津駅周辺の写真を撮っていて、すぐに場所を特定できたのは過去にここで写真を撮っていたからなのだが、当時の写真が出てきたので貼ってみた。当時は駅入り口にこんなゲートがあったのだが消えて久しく、残っているのは駅前にある喫茶定…

2018夏季休暇 (3)

子連れであるのと、明治村方面への出撃を考えて可児市内に投宿したのだが、土曜日が買物仕業往復でそれどころではなく完全に移動日、日曜日は朝から広見線末端区間から旧八百津線方面に足を向けて人道の丘公園などを回り、そこから合流後色々回ってみたりす…

2018夏季休暇 (2)-2

台風の影響で名松線が抑止の可能性が高まる中、一志で下車して川合高岡乗り換えで松坂まで戻り、そこから時間をかけて戻ることにする。日中から豪雨と晴れ間の繰り返しの中、稲生、富洲原などで適当に撮りながら帰投するが、途中新東名を抜ける最中にとんで…

2018夏季休暇 (2)-1

平日ど真ん中に休みを取って中京方面への旅。渥美半島、伊良湖港を経由してフェリーに乗って伊勢方面に向かう。色々回ってみたところはこういうものばかりなのは仕様です

2018夏季休暇 (1)

551系(てきとう) この色の電車が走っていたのは30年も前の話となるのか。多摩湖線の351系よりこちらの淘汰が少し早かった。 京王競馬場線というのは平日こんなに利用客がいないとは思わず。都内でここまで乗客が少ない路線は例がない 東京競馬場前駅跡。地図…

本日の日帰り仕業

西小千谷駅 (駅名表の裏にあった魚沼線史より。1954〜1956年のみ蒸機牽引だった) 青海川駅付近のお立ち台は本来午前中に撮影すべきであり、車輌もE129を筆頭に画一化されてなおかつ本数も少ない。日没前後を狙うのは運次第の要素が強い 某元代議士の唯一の仕…

地下複々線化事業 (実現するとは言ってない)

https://toyokeizai.net/articles/-/232551 こちらの東洋経済の記事に派生してTLで西武新宿線の複々線化頓挫の件が流れてきたので、思い出したのが安比奈線の底地の件。たしか近年減損処理して川越市に寄付することにしたようだが、そもそもこの路線が休止後…